Vagrant sahara で行う状態管理 (前編:概要とインストール)

Vagrant のバージョン 1.8 から新しく「Snapshot機能」が追加されましたので、本稿で述べるプラグインは最新版の Vagrant を利用していれば不要になりました。 詳しくは別稿「VagrantのSnapshot機能で仮想マシンの状態を保存/復元しよう」をご覧ください。

ここでは Vagrant のプラグイン「Sahara」について概要とインストール手順について説明したいと思います。

連載:Vagrant sahara で行う状態管理

Vagrant プラグイン Sahara とは?

Vagrant のプラグイン「sahara」とは、Vagrant で “Sandboxモード”という機能を使えるようにするプラグインです。 “Sandboxモード” とは、仮想マシーンにソフトウェアをインストールしたり設定に変更を加えたりした内容を破棄し仮想マシーンを元の状態まで戻す機能です。 この機能により「とりあえずやってみるか」と楽な気持ちで作業を行うことができます。 失敗しても前の状態にロールバックする(元に戻す)ことができるからです。

sahara のインストール

ではさっそくインストールしてみます。 sahara は Vagrant のバージョンが 1.0 以下だと動きませんので新しい Vagrant を利用してください。

インストールは vagrant plugin install {name} コマンドでできます。

$ vagrant plugin install sahara
Installing the 'sahara' plugin. This can take a few minutes...
Installed the plugin 'sahara (0.0.16)'!

インストールしたプラグインは vagrant plugin list で確認できます。 次のように sahara が表示されれば確認完了です。

$ vagrant plugin list
sahara (0.0.16)

尚、プラグインのアップデートは vagrant plugin update sahara、アンインストールは vagrant plugin uninstall sahara です。

おわりに

今回は sahara の概要とインストール手順について説明しました。 次回は sahara の使い方について説明したいと思います。

連載:Vagrant sahara で行う状態管理

Vagrant入門へ戻る

著者 : OSCA

OSCA

 初級WEBエンジニアです。最近は Android, iOS, WEBアプリの作成に力を入れています。 個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるアプリを作ろうと日々奮闘中です。