Java ライブラリ Barcode4J でバーコードを生成しよう (第1回:概要)

本連載では Java で様々なバーコードを生成することができる Barcode 4J について、記事を何回かに分けて概要と使い方を解説していきます。 第一回目の本稿は、まずは概要を解説します。

Barcode4J について

Barcode4J は、様々なバーコードを生成することができるライブラリです。 Apache License, version 2.0 のライセンスの基でフリーで利用することができます。

一次元バーコード、二次元バーコードのどちらも生成することができ、以下の種類のバーコードを取り扱うことができます。

  • Interleaved 2 of 5
  • ITF-14
  • Code 39
  • Code 128
  • EAN-128, GS1-128
  • Codabar
  • UPC-A and UPC-E
  • EAN-13 and EAN-8
  • POSTNET
  • Royal Mail Customer Barcode
  • USPS Intelligent Mail
  • PDF 417 (ISO/IEC 15438:2001(E))
  • DataMatrix (ISO/IEC 16022:2000(E))
  • QR Code

また、生成したバーコードは次のような形式で出力することができます。

  • SVG
  • EPS
  • ビットマップ (PNG もしくは JPEG)
  • Java2D (AWT)

入手 / インストール

Barcode4J は Sourceforge のプロジェクトページからダウンロードすることができます。

また、開発で Maven を使っていれば、Maven のセントラルリポジトリからダウンロードすることができます。 pom.xml に次のように依存関係を追記してあげれば良いです。

<dependency>
  <groupId>net.sf.barcode4j</groupId>
  <artifactId>barcode4j</artifactId>
  <version>2.1</version>
</dependency>

おわりに

本稿では Barcode4J の概要について解説しました。 次回はさっそく、Barcode4J を使ってバーコードを生成してみたいと思います。

著者 : OSCA

OSCA

 初級WEBエンジニアです。最近は Android, iOS, WEBアプリの作成に力を入れています。 個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるアプリを作ろうと日々奮闘中です。