Mac OS X Yosemite に Java をインストールする方法

 2014年秋に発売された Apple 社の Mac OS X Yosemite ですが、インストールした初期状態では Java がインストールされていません。 本稿では Mac OS X Yosemite に Java をインストールする方法について解説します。

方法1 : Apple の公式ホームページからダウンロードする

Apple Java for OS X Yosemite の初期インストールパッケージに Java は含まれていませんが、公式ホームページで Java のインストーラを提供しています。 それを利用するのが1つの方法です。 こちらのサポートページ からインストーラパッケージをダウンロードすることができます。
 ただし、このサポートページからダウンロードできる Java のバージョンは 6 で、Java は2014年12月現在バージョン 8 が最新ですので、バージョンとしては古い Java が提供されています。 最新のバージョンの Java をインストールする必要がある場合は、次の方法でインストールすると良いでしょう。

方法2 : Oracle のホームページからダウンロードする

Java SE - Downloads 方法2は特に珍しい方法ではありません。 Java の開発元である Oracle のホームページからダウンロードする方法です。 こちらのダウンロードページ から希望するバージョンの Java をダウンロードします。 これであれば最新のバージョンの Java を利用することができます。
 なお、具体的なインストール手順については、別稿「Mac OS X に Oracle Java 8 (JDK) をインストールする手順」を参考にしてください。

おわりに

 本稿では Mac OS X Yosemite に Java をインストールする方法について解説しました。 Java の用途に応じて方法を選択してインストールするようにしてください。

Java環境構築へ戻る

著者 : OSCA

OSCA

 初級WEBエンジニアです。最近は Android, iOS, WEBアプリの作成に力を入れています。 個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるアプリを作ろうと日々奮闘中です。