マーケティングオートメーションのOSS「Mautic」入門

 デジタルマーケティングの複雑な業務を自動化するマーケティングオートメーション(MA)。 世の中には様々なマーケティングオートメーションのためのツールがありますが、オープンソース・ソフトウェア(OSS)のツールとして「Mautic」があります。 本稿では、Mautic の概要と特徴を解説します。

Mautic とは?

 Mautic は、マーケティングオートメーションを実現する無償で利用できるオープンソース・ソフトウェアです。 ライセンスは GPL (The GNU General Public License) なので商用でも無償で利用することができます。 プログラミング言語 PHP で作成されており、ご自身のサーバーにインストールして利用することができます。

 Mautic は、まだとても新しいソフトウェアで、バージョン 1.0.0 は2015年03月11日にリリースされました。 2017年01月現在は 2.5.1 が最新のバージョンとなっています。

Mautic で何ができるのか?

 マーケティングオートメーションという言葉から「マーケティングの業務を自動化してくれるんだな」という漠然としたことはイメージができますが、Mautic は具体的に何をしてくれるのでしょうか? ここでは、Mautic の機能をご紹介します。

顧客管理

コンタクト詳細画面  Mautic の一番の中心となる機能は、顧客管理です。 Mautic の画面では顧客のことを「コンタクト」「連絡先」と表示しています。 自分たちの製品やサービスのターゲットとなる顧客のデータベースを Mautic で構築することができます。 右図は Mautic に登録された顧客の詳細画面の例です。 名前・連絡先・会社・ホームページ・メールアドレスなどのあらゆる顧客情報を登録することができます。

 顧客情報は、1つずつ登録することもできますし、CSV ファイルから一括で取り込むこともできます。 例えば既に別で顧客一覧などをお持ちの場合は、それを CSV ファイルにして取り込むこともできます。 自社でおこなったイベントの参加者を CSV ファイルにして取り込むなどしても良いでしょう。 または名刺交換をした顧客を随時登録する運用にしても良いかも知れません。

 また、後で紹介しますが、Mautic には問合せやキャンペーンのフォームを作成する機能があり、作成したフォームから入力された情報をそのまま顧客データベースに登録することもできます。

ポイント付け機能

 数千人・数万人の顧客データベースが出来上がった際に重要なのは、その膨大に集まった顧客データベースの中でも重要な(優先度の高い)顧客は誰なのかを絞り込んで、その絞り込んだ顧客にアプローチできることです。 では「重要」「優先度が高い」という判断はどのようにすれば良いでしょうか? Mautic ではポイントという仕組みで顧客の重要度を表わせるようになっています。

 ポイントは、顧客が起こしたアクションによってポイントを付けることができます。 例えば「顧客がフォームで問合せをしてくれたら5ポイント」「メールを開いてくれたら3ポイント」などようにです。 次の図は、そのポイント付のルールを管理する画面の一部です。

ポイント画面

ポイントによるトリガー

 トリガーとは、何かをキッカケにして処理を発動させることです。 Mautic ではポイント数を”キッカケ”にすることができますので、例えば「顧客のポイント数が50ポイントに達したら、自動的にメールを送る」のようなことができます。 これにより、自分たちの製品・サービスに興味を持っている人に、購入の最後の決めてとなるような一手を打てるかも知れません。

フォーム作成機能

 上で述べたように、Mautic の顧客データベースと連動させられる問合せ・申込みフォームを作成することができます。 入力項目や入力方法もかなり柔軟に設定できますし、デザインテンプレートも最初からいくつか用意されています。 繰り返しになりますが、このフォームに入力された顧客情報を顧客データベースに登録するようにし、さらにポイントを付与することもできます。

ポイント画面

ダウンロード・閲覧ページ作成機能

 製品カタログや写真などを顧客にダウンロードしてもらうためのページも作成することができます。 もちろん、カタログをダウンロードしてくれた顧客のポイント数を増やすこともできます。 また管理画面ではファイルのダウンロード数も確認することができます。

ポイント画面

マーケティングメール送信機能

 パーソナライズされたメールを顧客に送信する機能も備えています。 送信されるメールには特殊なタグなどが埋まれこまれているため、メールの開封率やクリック率などもトラッキングすることができます。 もちろん開封・クリックをトリガーにしてポイントを付与することができます。

レポート

 上記の機能を使った効果や反響をレポートする機能も備わっています。 アクセス解析やクリック率など、とても優秀なレポーティング機能があります。

ポイント画面

おわりに

 簡単ではありますが、マーケティング・オートメーションの OSS「Mautic」についてご紹介しました。 レンタルサーバーなどをご契約されている方は、導入はとても簡単ですので是非一度インストールして試してみてください。

著者 : OSCA

OSCA

 初級WEBエンジニアです。最近は Android, iOS, WEBアプリの作成に力を入れています。 個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるアプリを作ろうと日々奮闘中です。