Ruby 2.1 をインストールする手順 (Windows)

 本稿では Windows の開発マシンに Ruby 2.1 をインストールする手順について解説します。

ダウンロード

 Ruby の Windows 版は、有志団体がインストーラを作ってくれています。 Ruby の公式サイトにおいても、Windows 版についてはその有志団体のサイトを紹介しています。 ここでは RubyInstaller というサイトが配布している Ruby を利用したいと思います。

 RubyInstaller のダウンロードページからインストーラーをダウンロードしてください。 執筆時点では Ruby 2.1.5 が最新版でしたので、それをダウンロードしました。

ダウンロード画面

インストール

 ダウンロードしたインストーラーを起動すると次のような画面が表れます。使用許諾契約書を読んだら「同意する」を選択して次の画面に進みます。

インストーラー

 インストールする場所とインストールオプションを選択する画面が表れます。 インストール場所は特に変更しません。 私はコマンドラインから ruby コマンドを利用したいため「Rubyの実行ファイルへ環境変数 PATH を設定する」を選択しました。 選択したら「インストール」ボタンをクリックします。

インストーラー

 インストールが開始されます。

インストーラー

 次のような画面がでればインストールは完了です。

インストーラー

 インストールが完了したことを確認します。 コマンドプロンプトを開いて、ruby -v コマンドを実行します。 すると下図のようにインストールした Ruby のバージョンが表示されるはずです。 これが確認できれば Ruby のインストールは完了です。

インストーラー

開発キット拡張のインストール

 上記までで Ruby のインストールは終了しましたが、もし高度な開発を行うのであれば「開発キット」もインストールしておくと良いでしょう。 開発の途中で「なぜか実行できない」などとつまずかない為にもオススメします。 上記と同様に、RubyInstaller のダウンロードページの下部に「DEVELOPMENT KIT」の項目がありますのでインストーラーをダウンロードします。 (32bit 版と 64bit 版があるのでご自分の環境に合わせてダウンロードしてください)

 ダウンロードしたファイルは自己解凍形式ファイルです。 ダウンロードした exe ファイルをダブルクリックすると展開先を選択するダイアログが表れます。 上記で Ruby を C:¥Ruby21-x64 にインストールしましたので、そのフォルダ内に devkit というフォルダを作りそこに解凍させるように指定します。 解凍先は C:¥Ruby21-x64¥devkit です。

 解凍が終了したらコマンドプロンプトを起動し、次のようにディレクトリを移動します。

>CD C:¥Ruby21-x64¥devkit

 ディレクトリを移動したら、初期設定のため次のようにコマンドを実行します。

>ruby dk.rb init

 ここまでが正しく実行できているのかを確認してくれるコマンドを実行します。

>ruby dk.rb review

 ここまでが正しくできてれば、下図のようになります。

インストーラー

 ここまでできたら、あとはインストールです。次のコマンドを実行します。

>ruby dk.rb install

 これにて「開発キット」のインストールも完了です。

おわりに

 本稿では Windows の開発マシンに Ruby 2.1 をインストールする手順について説明しました。

Ruby環境構築入門へ戻る

著者 : OSCA

OSCA

 初級WEBエンジニアです。最近は Android, iOS, WEBアプリの作成に力を入れています。 個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるアプリを作ろうと日々奮闘中です。