GulpでJavaScriptファイルを圧縮する方法 (gulp-uglify)

投稿者 : OSCA

関東地方の美しい夜景を観にいこう。 夜景サイト「夜景散歩」で夜景スポットを検索

 本稿では Gulp を利用して JavaScript ファイルを圧縮(Minify)する方法について解説します。 Gulp で JavaScript ファイルを圧縮するには、gulp-uglify が便利です。 本項では gulp-uglify を使う方法を紹介します。

本稿のゴール

 まずは本稿のゴールを示します。 本稿では、次のようなプロジェクト構成の中の src/something.js を圧縮し、dest/something.min.js として出力することをゴールとします。

プロジェクト
 ├ src
 │ └ something.js ← これを圧縮する
 │
 └ dest
   └ something.min.js ← これを出力する

導入・インストール

 まずはプロジェクトに gulpgulp-uglify、そして gulp-rename をインストールします。 gulp-rename は、圧縮後のファイル名に .min という接尾文字列をつけるために利用します。 利用するコマンドは以下の通りです。

$ npm install -D gulp
$ npm install -D gulp-uglify
$ npm install -D gulp-rename

利用方法

 それでは JavaScript ファイルを圧縮するタスクを gulpfile.js に書いてみましょう。 プログラムは次のようになります。

var gulp = require("gulp");
var rename = require("gulp-rename");
var uglify = require("gulp-uglify");

gulp.task("default", function() {
    gulp.src('src/something.js')
        .pipe(uglify())
        .pipe(rename({
            extname: '.min.js'
        }))
        .pipe(gulp.dest('dest/'));
});

 Gulp のタスクの中の記述は次のようなことを意味しています。

  1. まずは src() メソッドで圧縮する対象ファイルを指定します。 ここでは src/something.js を指定しています。
  2. 次に uglify() を pipe() で呼び出し、ファイルの圧縮を指示します。
  3. 圧縮したものを .min.js という拡張子でファイルに保存するため、rename() を呼び出します。 実行オプションとして拡張子(extname)に “.min.js” を指定します。
  4. dest() を pipe() で呼び出し、ファイルの出力を指示します。

 このタスクを実行することで、 src/something.js が圧縮されて、dest/something.min.js として出力されます。

おわりに

 本項では Gulp を利用して JavaScript ファイルを圧縮する方法について解説しました。 開発の自動化にぜひ役立ててください。

Gulp入門に戻る

著者 : OSCA

OSCA

Java, PHP 系のWEBエンジニア。 WEBエンジニア向けコミュニティ「WEBエンジニア勉強会」を主催。
個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるものを作ろうと日々奮闘中。
@engineer_osca