Apache httpd 2.4 をソースからインストールする手順 (CentOS/RedHat)

投稿者 : OSCA

以前の投稿で、Apache を CentOS/RedHat にインストールする方法には2つの方法があることを解説しました。 今回は、CentOS/RedHat に Apache 2.4 をソースコードからインストールする方法について解説します。 本稿で解説する操作は全て root 権限で実施します。

1. 事前準備

Apache 2.4 をソースコードからインストールするためには、gcc, make, pcre, pcre-devel のライブラリが必要になります。 また、ソースコードのダウンロードに wget コマンドを説明中で利用しますので、それらをあらかじめインストールしておきます。

# yum install gcc make pcre pcre-devel wget

2. APR と APR-util のインストール

Apache 2.4 をソースコードからインストールする前に APR (Apache Portable Runtime) というものをインストールする必要があります。 APR は OS の違いを吸収してくれるライブラリです。 Linux と一言に言っても様々な種類が存在しますので「この OS には機能があるけど、別の OS には機能が含まれていない」という事があります。 そこで Apache が APR というライブラリを介すことで APR が機能を保管し、どのような環境でも動かすようにしてくれるライブラリです。 以前は Apache に同梱されていたようですが、現在では分離されています。

APR のダウンロードページから tar.gz のソースコードバイナリをダウンロードしインストールします。 本稿執筆時点で APR の最新版は 1.5.1 だったので、本稿では 1.5.1 を利用します。

# cd /usr/local/src
# wget http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/network/apache//apr/apr-1.5.1.tar.gz
# tar -xvzf apr-1.5.1.tar.gz
# cd apr-1.5.1
# ./configure --prefix=/opt/apr/apr-1.5.1
# make
# make test
# make install

これで APR のインストールは終了です。 APR は /opt/apr/apr-1.5.1 にインストールされました。

次は APR-util をインストールします。APR のダウンロードページから tar.gz のソースコードバイナリをダウンロードしインストールします。 本稿執筆時点で APR-util の最新版は 1.5.3 だったので、本稿では 1.5.3 を利用します。

# cd /usr/local/src
# wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/apache//apr/apr-util-1.5.3.tar.gz
# tar -xvzf apr-util-1.5.3.tar.gz
# cd apr-util-1.5.3
# ./configure --prefix=/opt/apr-util/apr-util-1.5.3 --with-apr=/opt/apr/apr-1.5.1
# make
# make test
# make install

これで APR-util もインストールすることができました。 APR-util は /opt/apr-util/apr-util-1.5.3 にインストールされました。

3. Apache 2.4 のソースコードのダウンロード

Apache 2.4 のソースコードを、公式ホームページのダウンロードページからダウンロードして下さい。 本稿では tar.gz のバイナリをダウンロードします。 本稿執筆時の最新版は 2.4.9 でしたので、ここからは 2.4.9 をインストールする手順を説明します。

# cd /usr/local/src
# wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/apache//httpd/httpd-2.4.9.tar.gz
# tar -xvzf httpd-2.4.9.tar.gz

「なんでさっきからソースは /usr/local/src にダウンロードするの?」と思われた方は、以下の記事などが参考になります。 簡単に言えば、管理者が自分でソフトウェアをソースからインストールする時に、ソースを置く場所を /usr/local/src とする習慣(決まり?)があるからです。

各ディレクトリの役割を知ろう(サブディレクトリ編) (2/2) – @IT
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0109/07/news002_2.html

4. コンパイルとインストール

Apache 2.4 をコンパイルしてインストールします。 ここではオプションは最低限の指定のみとします。

# cd /usr/local/src/httpd-2.4.9
# ./configure --prefix=/opt/httpd/httpd-2.4.9 --with-apr=/opt/apr/apr-1.5.1 --with-apr-util=/opt/apr-util/apr-util-1.5.3
# make
# make install

これで Apache 2.4 のインストールが完了しました。 Apache 2.4 は /opt/httpd/httpd-2.4.9 にインストールされます。

5. 起動と停止

ここまでの手順で Apache がインストールできたので、さっそく起動してみましょう。

# /opt/httpd/httpd-2.4.9/bin/apachectl start

ブラウザでインストールしたサーバーへアクセスしてみましょう。 http://yourhost.com/ (※yourhost.com はあなたのホスト名もしくはIPアドレスに置き換えてください。) 下図のような “It works!!” と書かれたページが見えたでしょうか?

screen-capture-apache24

もしホームページになかなか接続ができない場合は、ファイアウォールが有効になっている等の原因が考えられます。 iptables や selinux の設定を見なおしてください。

停止は以下のコマンドです。

# /opt/httpd/httpd-2.4.9/bin/apachectl stop

おわりに

Apache 2.4 をソースコードからインストールする手順について説明しました。 もし記事に誤り等がございましたら Twitter 等でお知らせ頂けますと幸いです。

Apache httpd 入門へ戻る

本稿の更新履歴

  • 2014年01月04日 – 作成
  • 2014年05月05日 – Apache のマイナーバージョンアップに伴い、インストールする APR を 1.5.0 から 1.5.1 に、Apache を 2.4.7 から 2.4.9 に変更しました。 また、インストール先ディレクトリを /usr/local から /opt に変更しました。

著者 : OSCA

OSCA

 初級WEBエンジニアです。最近は Android, iOS, WEBアプリの作成に力を入れています。 個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるアプリを作ろうと日々奮闘中です。