Oracle VM VirtualBox をインストールする手順 (Windows 7)

投稿者 : OSCA

 本稿では Oracle 製の仮想化ソフトウェア Oracle VM VirtualBox を Windows 7 のマシンにインストールする手順について解説します。 本稿の執筆時点で VirtualBox は 4.3.28 が最新版でしたので、それをインストールします。 (2015/07/06:v4.3.28 版に合わせて本記事内容を改定しました。)

VirtualBox のダウンロード

 Oracle の VirtualBox のダウンロードページの Oracle VM VirtualBox の節にアクセスし、表の中から「Platform」が「Windows (32-bit/64-bit)」の「File」の「Windows Installer」を選択してダウンロードします。

VirtualBox のインストール

 ダウンロードしたインストールファイルを起動します。 すると次のような画面が表示されますので「Next」をクリックします。

 インストールしたい機能を選択する画面が表示されます。 特に何かの機能のインストールを拒む必要はないと思います。そのまま「Next」をクリックします。

 インストールオプションの選択画面が表示されます。オプションを選択して「Next」をクリックします。

  • Create shortcut on the desktop : デスクトップにショートカットを作成する
  • Create shortcut in the Quick Launch Bar : クイックラウンチバーにショートカットを作成する
  • Register file associations : ファイルの関連付けを登録する

 VirtualBox のネットワーク機能をインストールするので、インストール中に一時的にネットワーク接続が切断される可能性があるという警告がでています。「Next」をクリックします。

 インストールを開始していいかを確認する画面が表示されます。(訳:インストールを開始するには「Install」をクリックしてください。 設定を確認したり変更するには「Back」をクリックしてください。 インストールを中止するには「Cancel」をクリックしてください。)「Install」をクリックします。

 インストールが開始されます。(↓はインストール中の画面イメージ)

 インストール中に次のような確認が表示される場合があります。 仮想デバイスをインストールしようとしているためです。 「”Oracle Corporation” からのソフトウェアを常に信頼する」を選択すると次からは Oracle のソフトウェアのインストール時は確認がでなくなりますのでチェックすると良いと思います。 「インストール」を選択します。

 次のような画面がでればインストール終了です。 「Finish」でインストールを終了します。

おわりに

 特に難しい手順はありませんでしたね。 VirtualBox と一緒に利用したいオススメのツールとして Vagrant というソフトウェアがあります。 仮想マシンを簡単に操作するツールです、「Vagrant入門」のページも是非ご覧ください。

更新履歴

  • 2014/01/24 – 初稿を投稿しました。 (v4.3.6)
  • 2014/07/27 – v4.3.14 でも手順に変更がないことを確認しました。
  • 2015/07/06 – v4.3.28 に合わせて手順を改定しました。

著者 : OSCA

OSCA

 初級WEBエンジニアです。最近は Android, iOS, WEBアプリの作成に力を入れています。 個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるアプリを作ろうと日々奮闘中です。