WindowsにOpenJDK 12(Oracle版)をインストールする手順

投稿者 : OSCA

関東地方の美しい夜景を観にいこう。 夜景サイト「夜景散歩」で夜景スポットを検索

 本稿では、Windowsの開発用マシンにOracle版のOpenJDK 12をインストールする手順について解説します。 なお2019年05月現在、バージョン 12 GA が最新だったので、本稿では 12 GA をインストールします。

OpenJDK 12のダウンロード

 まずはOpenJDKをダウンロードしましょう。 OpenJDKのアーカイブページにアクセスし、12 GA のセクションの「Windows 64-bit」のzipのリンクをクリックしてダウンロードを行います。 2019年05月現在では openjdk-12.0.1_windows-x64_bin.zip というファイル名のzipファイルをダウンロードすることができました。

展開・配置

 次に、ダウンロードしたzipファイルを展開して配置します。 上でダウンロードした zipファイルを展開して、好きな場所に配置してください。 本稿では展開して作成された「jdk-12.0.1」フォルダを「C:¥Users¥User¥Applications」に配置しました(筆者は、ZIP展開して使うようなアプリケーションでかつ同一PC上で自分しか使わないものは、ホームディレクトリに「Applications」というフォルダを作成して、そこに配置するように決めています)。 よって「C:¥Users¥User¥Applications¥jdk-12.0.1」に配置されました。

環境変数の設定

 続いてWindowsの環境変数を設定します。 Windowsの環境変数の設定画面の「ユーザ環境変数」に「JAVA_HOME」と「Path」の2つの環境変数を以下の値で設定します。

変数名 設定値
JAVA_HOME C:¥Users¥User¥Applications¥jdk-12.0.1
Path C:¥Users¥User¥Applications¥jdk-12.0.1¥bin

 Javaを始めてマシンにインストールする場合には、JAVA_HOMEは新たに追加、Pathは既存であれば末尾に値を追加します。

動作確認

 最後にJavaが利用できるようになったかを確認します。 コマンドプロンプトを開き、次のように java -version コマンドを実行します。

C:¥Users¥User> java -version
openjdk version "12.0.1" 2019-04-16
OpenJDK Runtime Environment (build 12.0.1+12)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 12.0.1+12, mixed mode, sharing)

 この例のようにインストールしたOpenJDKのバージョンが正しく表示されればOKです。 これでインストール作業は完了です。

おわりに

 本稿ではWindowsマシンにOracle版のOpenJDK 12をインストールする手順について解説しました。 皆様のお仕事のお役に立てれば幸いです。

Java環境構築へ戻る

著者 : OSCA

OSCA

Java, PHP 系のWEBエンジニア。 WEBエンジニア向けコミュニティ「WEBエンジニア勉強会」を主催。
個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるものを作ろうと日々奮闘中。
@engineer_osca