Redash を CentOS 7 にインストールする手順

投稿者 : OSCA

概要

 オープンソースのBIツール「Redash」はとても便利で、ちょっとしたデータ分析からビジネスの実運用までをカバーできる素晴らしいツールです。 しかしながら、Redash公式の導入手順のページでは、AWS, Google Compute Engine, Docker, Ubuntu への導入方法の記載がありますが、CentOS への導入方法の記載がありません。 Ubuntu用のセットアップスクリプトはありますが、CentOS用のものが提供されていないので、そこで諦めてしまっている方もいるのでは無いでしょうか? 筆者もその一人だったため、このUbuntu用のセットアップスクリプトをもとに CentOS 7 用のブートストラップを作成したので紹介します。 これについてのもっと詳しい経緯は、ブログ「Redash の CentOS 7 セットアップ用スクリプトをコミットしました」を参照ください。

 CentOS 7 用のブートストラップは、筆者のGitHubのリポジトリで公開してあります。

インストール (ブートストラップ・スクリプトの実行)

 それでは、ブートストラップ・スクリプトの実行方法を見ていきましょう。 まずはブートストラップ・スクリプトをダウンロードします。 前述の通りスクリプトはこちらですので、curl コマンドを利用してファイルをダウンロードします。

# curl -OL https://raw.githubusercontent.com/oscasierra/redash-setup-centos/master/7/bootstrap.sh

 スクリプトは bootstrap.sh というファイル名でダウンロードされます。 ダウンロードしたスクリプトに実行権限が付与されていないため、chmod コマンドで実行権限を付与します。

# chmod +x bootstrap.sh

 実行権限が付与できたら、root 権限でスクリプトを実行しましょう。 すると必要なソフトウェアのダウンロードが開始され、その後にインストールが行われます。

# sudo ./bootstrap.sh

 スクリプトの終了時には、特に完了を表すメッセージなどは表示されませんが、エラーが表示されることなくコマンドラインが戻ってくればインストールは完了です。

動作確認

 スクリプトによるインストールが完了したら、さっそくアクセスして見ましょう。 ブラウザで Redash をインストールしたホスト名を指定してアクセスします。

http://ホスト名もしくはIPアドレス/

 次のような Redash のセットアップ画面が表示されればOKです。

Redash Setup

おわりに

 本稿では、OSSのBIツール「Redash」を CentOS 7 にインストールする手順について解説しました。 ここで紹介したブートスクリプトは、余力があれば Redash 本体に Pull Request を投げてみようと思っています。

著者 : OSCA

OSCA

 初級WEBエンジニアです。最近は Android, iOS, WEBアプリの作成に力を入れています。 個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるアプリを作ろうと日々奮闘中です。
@engineer_osca