Swift – URLをSafariで開く方法

投稿者 : OSCA

初心者でも参加できる「WEBエンジニア勉強会 #13」(東京都,渋谷)、05月24日(金) に開催! 詳しくはイベント詳細ページをご覧ください。

 Swift で、アプリケーションの中から指定されたURLを Safari で開きたい場合があります。 Swift で Safari を開くには、以下のようにプログラムで実現できます。

Swift 3

let url = URL(string:"http://weblabo.oscasierra.net")
if( UIApplication.shared.canOpenURL(url!) ) {
  UIApplication.shared.open(url!)
}
  • Swift 3 から、UIApplication の参照方法が変わっていますので注意が必要です。 UIApplication.shared で参照できるようになっています。

Swift 2

let url = NSURL(string:"http://weblabo.oscasierra.net")
if( UIApplication.sharedApplication().canOpenURL(url!) ) {
  UIApplication.sharedApplication().openURL(url!)
}

著者 : OSCA

OSCA

Java, PHP 系のWEBエンジニア。 WEBエンジニア向けコミュニティ「WEBエンジニア勉強会」を主催。
個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるものを作ろうと日々奮闘中。
@engineer_osca