Pound を yum でインストールする手順 (CentOS/RedHat)

本稿では、RedHat / CentOS に yum を利用して Pound をインストールする手順について説明します。

事前準備

Pound は標準の yum リポジトリには含まれていません。 EPEL の yum リポジトリを利用する必要があります。 yum で EPEL のリポジトリが利用できるよう事前に設定しておいてください。 下記の記事が参考になります。

EPELパッケージを使えるようにするインストール手順
http://weblabo.oscasierra.net/install-epel-01/

また、Pound インストール後に HTTPS で Pound にアクセスすることを考えている場合、Pound をインストールする前に openssl-devel を予めインストールしておくと、Pound を yum でインストールし終えた際に既に自己証明書がインストールされた状態になるので便利です。

インストール

次のコマンドで yum リポジトリから Pound をインストールします。 (“P”が大文字なので注意してください)

# yum install Pound

これでインストールは完了です。 インストールされたことを確認するために、pound -V コマンドでバージョンを表示させてみましょう。

[root@vagrant-centos63 ~]# pound -V
starting...
Version 2.6
  Configuration switches:
    --enable-cert1l
Exiting...

ここではバージョン 2.6 がインストールされたことが確認できました。

もし今後、サーバー起動時に Pound が自動的に開始されるようにするのであれば、下記のコマンドで登録しておきます。

[root@vagrant-centos63 ~]# chkconfig pound on

ここまででインストールは完了しました。 Pound の設定ファイルは /etc/pound.cfg です。

動作確認 (起動と停止)

最後に、起動と停止のコマンドを確認します。 起動は次のコマンドです。 (注意:Poundの初期状態では 80 と 443 ポート が Listen 状態になりますので、他のサービスで既に 80 や 443 ポートが使用されていると起動しませんので注意してください。)

# service pound start

サービスをスタートできたら、ブラウザからアクセスしてみてください。 http でも https でもアクセスできます。 但しこの段階では何かさせるようにしていませんので「The service is not available. Please try again later.」と書かれただけのページが表示されますが、これで動作確認が取れたことになります。

停止は次のコマンドです。

# service pound stop

おわりに

Pound をインストールする手順について説明しました。 また後日、Pound の設定について記事を書きますので、しばしお待ちください。

著者 : OSCA

OSCA

 初級WEBエンジニアです。最近は Android, iOS, WEBアプリの作成に力を入れています。 個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるアプリを作ろうと日々奮闘中です。