CentOS 6 に Oracle の JDK 8 をインストールする手順

 本稿では CentOS 6 に Oracle の Java SE Development Kit 8 (JDK 8) をインストールする手順について解説します。

Oracle JDK 8 の RPM をダウンロードする

 まずは Oracle の Java SE Development Kit 8 のダウンロードページ から Linux 版の Java SE Development Kit 8 の RPM を入手します。2016年10月現在、Java SE Development Kit 8u111 が最新ですので、ライセンスに同意の上、ご利用の環境に合わせて32bit版ならjdk-8u111-linux-i586.rpm、64bit版なら jdk-8u111-linux-x64.rpm のリンクをクリックして RPM ファイルをダウンロードします。

 RPM ファイルをダウンロードし終えたら、インストールするマシンの root ユーザのホームディレクトリ (/root) にファイルを配置してください。

JDK 8 をインストールする

 上記の通りに RPM ファイルを配置できていれば、/root/jdk-8u111-linux-x64.rpm というパスで RPM ファイルが配置されているはずですので、それを前提にインストールを進めていきます。 全ての操作は root 権限で行います。 RPM ファイルのインストールは、つぎのように rpm コマンドの -i オプションで RPM ファイルを指定して行います。

# rpm -ihv /root/jdk-8u111-linux-x64.rpm
Preparing...                ########################################### [100%]
   1:jdk1.8.0_111           ########################################### [100%]
Unpacking JAR files...
        tools.jar...
        plugin.jar...
        javaws.jar...
        deploy.jar...
        rt.jar...
        jsse.jar...
        charsets.jar...
        localedata.jar...

 これで JDK 8 のインストールは完了です。 念のため java -version コマンドでインストールされた Java のバージョンを表示して、Java がインストールされたことを確かめましょう。

# java -version
java version "1.8.0_111"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_111-b14)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.111-b14, mixed mode)

 JDK は /usr/java/jdk1.8.0_111 にインストールされましたので、環境変数などを設定する場合はここに設定しましょう。 これで JDK 8 のインストールは完了です。

おわりに

 本稿では CentOS 6 に Oracle の Java SE Development Kit 8 (JDK 8) をインストールする手順について解説しました。

Java環境構築へ戻る

更新履歴

  • 2016年10月30日 – 初稿を執筆しました。

著者 : OSCA

OSCA

 初級WEBエンジニアです。最近は Android, iOS, WEBアプリの作成に力を入れています。 個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるアプリを作ろうと日々奮闘中です。