CentOS 6 に PostgreSQL 9.x を yum インストールする手順

 本稿では CentOS 6 にオープンソースのデータベースソフトウェア PostgreSQL を yum を利用してインストールする方法について解説します。

yum の設定変更

 まずは CentOS 6 の yum の初期設定を変更します。 CentOS 6 の初期状態では、CentOS 6 の標準 yum リポジトリの情報が設定されています。 CentOS 6 の標準リポジトリでも PostgreSQL が提供されていますが、標準リポジトリで提供されている PostgreSQL はバージョンが 8.4 です。 本稿では2015年07月現在で最新の PostgreSQL 9.4 をインストールしたいと思っているので、標準のリポジトリの PostgreSQL がインストールされてしまうのが嫌なので、「標準リポジトリを参照した際に postgresql は参照から除外する」設定を行います。
 ファイル /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo を vi などで開き、[base][updates] の両方のセクションに次のように exclude の行を追記します。

...
[base]
name=CentOS-$releasever - Base
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=os
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/os/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
exclude=postgresql*

[updates]
name=CentOS-$releasever - Updates
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=updates
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/updates/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
exclude=postgresql*
...

 これで標準リポジトリの postgresql は参照されないようになりました。

PostgreSQLのyumリポジトリの追加

 PostgreSQL は公式の yum リポジトリを提供しており、その yum リポジトリを利用してインストールすることができます。 ここではその公式の yum リポジトリを CentOS 6 で利用できるように追加します。 PostgreSQL 9.4 の yum リポジトリは次のコマンドで追加できます。

64bit版 CentOS 6 を利用している場合
# yum -y localinstall http://yum.postgresql.org/9.4/redhat/rhel-6-x86_64/pgdg-centos94-9.4-1.noarch.rpm

32bit版 CentOS 6 を利用している場合
# yum -y localinstall http://yum.postgresql.org/9.4/redhat/rhel-6-i386/pgdg-centos94-9.4-1.noarch.rpm

PostgreSQL が提供している全ての yum リポジトリは「PostgreSQL RPM Building Project – Repository Packages」のページで確認できます。

利用できる PostgreSQL の確認

 PostgreSQL の公式 yum リポジトリを追加したら、さっそく利用できるソフトウェアを確認しましょう。 yum list コマンドで利用できる PostgreSQL の一覧を表示します。

# yum list postgresql* ...
Available Packages
(snip)
postgresql94-server.x86_64 9.4.4-1PGDG.rhel6 pgdg94
...

 上記の結果のように postgresql94-server が表示されます。 PostgreSQL 9.4 Server が利用可能だということがわかりました。

PostgreSQL 9.4 のインストール

 PostgreSQL 9.4 が利用できることが確認できましたので、yum install コマンドでインストールしましょう。 コマンドは次の通りです。

# yum -y install postgresql94-server

 これで PostgreSQL 9.4 のインストールは完了です。

初期化

 インストールが完了したら、PostgreSQL 9.4 を初期化します。 service postgresql-9.4 initdb コマンドで初期化を実行します。

# service postgresql-9.4 initdb
Initializing database: [ OK ]

起動設定

 サーバマシンを再起動した際に、自動的に PostgreSQL Server が起動するように chkconfig コマンドで設定します。

# chkconfig postgresql-9.4 on

起動と停止

 ここまでで PostgreSQL のインストールと初期設定は完了です。 さっそく PostgreSQL を起動してみましょう。 PostgreSQL を起動するコマンドは次の通りです。

# service postgresql-9.4 start

 PostgreSQL を停止するときのコマンドは次の通りです。

# service postgresql-9.4 stop

おわりに

 本稿では CentOS 6 に PostgreSQL 9.4 をインストールする手順について解説しました。 皆様のお仕事のお役に立てば幸いです。

著者 : OSCA

OSCA

 初級WEBエンジニアです。最近は Android, iOS, WEBアプリの作成に力を入れています。 個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるアプリを作ろうと日々奮闘中です。