Apache httpd 2.4 を CentOS 7 に yum でインストールする手順

投稿者 : OSCA

 本稿では Apache httpd 2.4 を CentOS 7 に yum でインストールする手順について解説します。

Apache httpd 2.4 の入手元について

 CentOS ではパッケージマネージャとして yum を採用していますが、Apache httpd 2.4 は CentOS 7 の公式 yum リポジトリで提供されていますので、ご使用の CentOS 7 マシンに特別新たに yum リポジトリを追加したりする必要はないでしょう。 本稿では CentOS 7 の公式 yum リポジトリで提供されている Apache httpd 2.4 を利用します。

提供されている Apache httpd 2.4 を確認する

 それではさっそくインストールの作業に取りかかりたいと思いますが、まずは CentOS 7 の公式 yum リポジトリで提供されている Apache httpd の詳細について確認してみましょう。 Apache httpd は httpd というパッケージ名で提供されていますので、 yum info コマンドで httpd を探してみます。 すると次のような結果が表示されます。 (下記の実行結果は2017年06月現在)

# yum info httpd
Available Packages
Name        : httpd
Arch        : x86_64
Version     : 2.4.6
Release     : 45.el7.centos.4
Size        : 2.7 M
Repo        : base/7/x86_64
Summary     : Apache HTTP Server
URL         : http://httpd.apache.org/
License     : ASL 2.0
Description : The Apache HTTP Server is a powerful, efficient, and extensible
            : web server.

 このように Apache httpd のバージョン 2.4.6 31.el7.centos が利用できることが確認できました。

Apache httpd 2.4 をインストールする

 Apache httpd 2.4 が提供されていることを確認できたので、さっそくインストールしましょう。 つぎのように yum install コマンドにパッケージ名 httpd を指定してインストールします。

# yum -y install httpd

 このコマンドの実行が完了して Complete! と表示されればインストールは完了です。 httpd -version コマンドでインストールされた Apache httpd のバージョンを確認することができます。

# httpd -version
Server version: Apache/2.4.6 (CentOS)
Server built:   Apr 12 2017 21:03:28

自動起動の設定をする

 今後 Apache httpd 2.4 をインストールしたサーバマシンを起動/再起動した際に自動的に Apache httpd を起動したい場合は、つぎのように systemctl enable コマンドで設定します。

# systemctl enable httpd.service
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/httpd.service to /usr/lib/systemd/system/httpd.service.

起動と停止

 それでは Apache httpd を起動してみましょう。 起動は次のように systemctl start コマンドで起動します。

# systemctl start httpd.service

 起動できたかどうかは systemctl status コマンドで確認できます。 次のように Active: active (running) と表示されれば実行されていることとなります。

# systemctl status httpd.service
httpd.service - The Apache HTTP Server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/httpd.service; enabled)
   Active: active (running) since Tue 2015-07-21 10:09:40 EDT; 2s ago

 なお、Apache httpd を停止したい場合は systemctl stop コマンドを利用します。

# systemctl stop httpd.service

アクセスしてみよう

 それでは Apache httpd が起動していることを確認の上、ブラウザで Apache httpd にアクセスしてみましょう。 アドレス http://<サーバマシンのIPアドレス>/ にアクセスします。 下図のような Apache httpd の初期画面が表示されましたでしょうか?

 アクセスしても何も表示されない場合は、ファイアウォールが有効になっている可能性があります。 CentOS 7 の初期状態では firewalld というファイアウォールが動作するようになっています。 本稿ではファイアウォールの設定については趣旨と異なりますので割愛させて頂きますが、一時的にファイアウォールを無効にするには、前述の Apache httpd の停止手順と同様 systemctl stop で停止させることができます。

# systemctl stop firewalld

 もしくは firewalld に httpd (80番ポート)への通信を許可する場合、つぎのようなコマンドで設定できます。

# firewall-cmd --add-service=http --zone=public --permanent
# firewall-cmd --reload

おわりに

 本稿では Apache httpd 2.4 を CentOS 7 に yum インストールする手順について解説しました。 皆様のお仕事のお役に立てれば幸いです。

Apache httpd 入門へ戻る

更新履歴

  • 2015年07月21日 – 本稿を投稿しました。
  • 2017年06月10日 – 最新のバージョンのhtttpdに合わせて記事を最新化しました。

著者 : OSCA

OSCA

 初級WEBエンジニアです。最近は Android, iOS, WEBアプリの作成に力を入れています。 個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるアプリを作ろうと日々奮闘中です。