CentOS 7 に PHP 7.2 を yum でインストールする手順

投稿者 : OSCA

関東地方の美しい夜景を観にいこう。 夜景サイト「夜景散歩」で夜景スポットを検索

概要

 CentOS 7 の標準の yum リポジトリでは PHP 5.4 が提供されていますが、新しくサーバーを構築する際にはもっと新しいバージョンの PHP をインストールしたい場合があります。 本稿では CentOS 7 に PHP 7.2 を yum でインストールする手順について解説します。

Remi を活用しよう

 上記の通り、CentOS 7 の標準リポジトリでは PHP 7.2 が提供されていません。 しかし、RedHat 系 Linux に PHP の最新版を提供することをミッションとする Remi というプロジェクトのリポジトリを利用すれば、yum で最新の PHP をインストールすることができます。

Remi リポジトリの追加

 それではさっそく Remi の yum リポジトリを追加してみましょう。 ここからは、root 権限を持つユーザでコマンドを実行してください。 Remi で提供されているソフトウェアをインストールするためには EPEL のリポジトリも必須要件となっていますので、先に EPEL のリポジトリの追加を行った後に Remi のリポジトリを追加します。

 EPEL のリポジトリ情報は CentOS 7 標準の yum リポジトリで提供されていますので、次の yum install コマンドでインストールすることができます。

# yum -y install epel-release

 EPEL のリポジトリ情報がインストールできましたので、次に Remi のリポジトリ情報をインストールします。 remi の RPM の URL は、Remi のリポジトリの公式サイトで確認することができますが、CentOS 7 の場合は次のように URL を指定して yum コマンドでインストールします。 ※サーバーが海外にあるからか、たまに RPM が見つからないなどのエラーが発生しますが、次のインストールコマンドを何回か粘り強く実行したらインストールできます。

# yum -y install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

 EPEL と Remi のリポジトリの追加が完了すると、yum のリポジトリ情報が保存されている /etc/yum.repo.d の配下は次のようになり、EPEL, Remi のリポジトリが追加されたことがわかります。 特にここで注目すべきは remi-php72.repo というファイルができていることです。

# ls -l /etc/yum.repos.d/
total 60
-rw-r--r--. 1 root root 1664 Aug 30 15:53 CentOS-Base.repo
-rw-r--r--. 1 root root 1309 Aug 30 15:53 CentOS-CR.repo
-rw-r--r--. 1 root root  649 Aug 30 15:53 CentOS-Debuginfo.repo
-rw-r--r--. 1 root root  314 Aug 30 15:53 CentOS-fasttrack.repo
-rw-r--r--. 1 root root  630 Aug 30 15:53 CentOS-Media.repo
-rw-r--r--. 1 root root 1331 Aug 30 15:53 CentOS-Sources.repo
-rw-r--r--. 1 root root 3830 Aug 30 15:53 CentOS-Vault.repo
-rw-r--r--. 1 root root  957 Dec 27  2016 epel.repo
-rw-r--r--. 1 root root 1056 Dec 27  2016 epel-testing.repo
-rw-r--r--. 1 root root  457 Jun 30  2017 remi-php54.repo
-rw-r--r--. 1 root root 1316 Jun 30  2017 remi-php70.repo
-rw-r--r--. 1 root root 1316 Jun 30  2017 remi-php71.repo
-rw-r--r--. 1 root root 1316 Jun 30  2017 remi-php72.repo
-rw-r--r--. 1 root root 2609 Jun 30  2017 remi.repo
-rw-r--r--. 1 root root  751 Jun 30  2017 remi-safe.repo

PHP 7.2 のインストール

 Remi リポジトリを利用して PHP 7.2 をインストールする準備が整いました。 さっそく PHP 7.2 をインストールしてみましょう。

Apache httpd + PHP 7.2 の組合せでインストール

 PHP は WEB サーバー上で動作させることがほとんどですので、今回は Apache httpd と組合せて PHP 7.2 をインストールしてみたいと思います。 まずは yum search で httpd と PHP 7.2 のパッケージを検索して、リポジトリで提供されていることを確認してみます。 パッケージ名には httpdphp72 を指定します。

# yum search httpd php72
Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: www.ftp.ne.jp
* epel: ftp.jaist.ac.jp
* extras: www.ftp.ne.jp
* remi-safe: mirror.bebout.net
* updates: www.ftp.ne.jp
(中略)
httpd.x86_64 : Apache HTTP Server
httpd-devel.x86_64 : Development interfaces for the Apache HTTP server
(中略)
php72.x86_64 : Package that installs PHP 7.2
php72-build.x86_64 : Package shipping basic build configuration
php72-php.x86_64 : PHP scripting language for creating dynamic web sites

 httpd.x86_64 や php72.x86_64 などの検索結果が表示され、どちらも利用できることがわかりました。 PHP 7.2 関連のパッケージは php72-xxxxx のような名称になっています。

 それでは httpd と PHP 7.2 をインストールします。 今回は Apache httpd の上で PHP が動く最低限のパッケージをインストールします。 利用するアプリケーションに合わせて、追加で mbstring などの PHP の拡張をインストールするようにしてください。

# yum -y install httpd php72 php72-php

 インストールが完了したら、Apache httpd が再起動時に自動で起動するように設定します。

# systemctl enable httpd.service
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/httpd.service to /usr/lib/systemd/system/httpd.service.

 そして Apache httpd を起動します。

# systemctl start httpd.service

 PHP 7.2 が本当にインストールされたかを確認するため、インストールされている PHP の情報を表示する phpinfo 関数を実行する PHP ファイルを /var/www/html/info.php として作成します。

# vi /var/www/html/info.php
<?php
phpinfo();

 それでは今作成した info.php にアクセスしてみましょう。 http://<あなたのサーバホスト名>/info.php にアクセスします。 すると次のように画面が表示され、PHP 7.2 がインストールされたことが確認できると思います。 (画面が表示されない場合は CentOS の Firewall 機能などによりアクセスが遮断されている可能性がありますので、Firewall の設定などを見なおしてください。 オススメはしませんが、Firewalld は systemctl stop firewalld コマンドで停止できます。)

おわりに

本稿では CentOS 7 に PHP 7.2 をインストールする手順について解説しました。 インストールが完了した次のステップとして次の記事を参考に、パフォーマンス設定・セキュリティ設定をすることをお勧めします。

PHP環境構築トップページへ戻る

著者 : OSCA

OSCA

Java, PHP 系のWEBエンジニア。 WEBエンジニア向けコミュニティ「WEBエンジニア勉強会」を主催。
個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるものを作ろうと日々奮闘中。
@engineer_osca