CentOS 7 における systemd のファイル・フォルダ構成

投稿者 : OSCA

概要

 本稿では CentOS 7 のサービスを管理する systemd のファイルやフォルダの構成について解説します。

ファイル・フォルダの一覧

 まずは systemd のファイル・フォルダを一覧で示します。 次のようなファイル・フォルダがあります。

パス説明
/bin/systemctlsystemd に操作・コマンドを指示するための窓口となるコマンド
/usr/lib/systemd/systemd 本体が格納されているディレクトリ
/usr/lib/systemd/systemdsystemd 本体
/usr/lib/systemd/systemデフォルトの設定ファイルが配置されるディレクトリ
/etc/systemd/system管理者が変更した設定ファイルが配置されるディレクトリ

設定ファイルの保存ルール

 上の一覧の通り、systemd の設定ファイルは /usr/lib/systemd/system/etc/systemd/system の2つのフォルダに配置されます。 それぞれのフォルダをどのように使い分けるかはルールが決まっており、ルールに従って使い分けます。

 /usr/lib/systemd/system のフォルダは CentOS 7 のデフォルトで設定されているサービスや、yum などで提供されているソフトウェアをインストールした際のデフォルト設定を保存するルールになっています。 よってサーバーの管理者が編集・変更したファイルをここに配置してはいけません。

 サーバーの管理者が独自に変更・編集した設定ファイルは /etc/systemd/system フォルダに配置するルールになっています。 具体的には、/usr/lib/systemd/system 配下のファイルをここにコピーしてきて変更を加えることが多いでしょう。

設定ファイルの優先順位

 /usr/lib/systemd/system/etc/systemd/system に同名の設定ファイルが設置された場合は、/etc/systemd/system フォルダの設定ファイルが優先されます。 よって /usr/lib/systemd/system からファイルをコピーしてきて編集した場合は、編集後のファイルが優先されます。 もし設定をデフォルトに戻したい場合は /etc/systemd/system の方のファイルを削除すれば良いです。

おわりに

 本稿では CentOS 7 における systemd のファイル・フォルダ構成について解説しました。

著者 : OSCA

OSCA

 初級WEBエンジニアです。最近は Android, iOS, WEBアプリの作成に力を入れています。 個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるアプリを作ろうと日々奮闘中です。
@engineer_osca