ownCloud を導入して大容量で自分専用のクラウドストレージを構築しよう

投稿者 : OSCA

 Dropbox や Googleドライブ などのオンラインストレージを利用することが当たり前のようになった昨今ですが、それらのサービスのストレージ容量に不満がある方も多いのではないでしょうか? また、本サイトはサーバー管理者の方に多く閲覧されておりますが、サーバー管理者の方であれば「自分のサーバーを活用できないか?」と思われている方も多いのではないでしょうか? 本稿ではサーバーを所有している方が自分専用のクラウドストレージを自分のサーバーで実現できるオープンソース・ソフトウェア ownCloud について紹介します。

ownCloud

ownCloud とは?

 ownCloud は、Dropbox のようなオンラインストレージサービスを簡単に構築することができるオープンソースソフトウェアです。 インターネット上にオンラインストレージサーバーを構築する ownCloud Server と、パソコンやモバイル端末からオンラインストレージにアクセスする ownCloud Client の両方が提供されています。

 ownCloud Server は、2015年07月現在 Version 8 が提供されており、tar.gz や zip 形式と、CentOS, Debian, Fedora, openSUSE, RHEL, SLE, Ubuntu 向けのパッケージも提供されています。 ownCloud Server をインストールすれば、WEBブラウザ や WebDAV を通じてオンラインストレージに保存したデータにアクセスすることができます。

 ownCloud Client は、Windows, Mac OS X, Linux 用のデスクトップアプリケーションと、iOS, Android 用のモバイルデバイス用のクライアントがあり、それぞれ下記のリンクからダウンロードすることができます。

Desktop App iTunes Store Google Play

ownCloud Server のアーキテクチャ

 ownCloud の実体は PHP で作成されたWEBアプリケーションソフトウェアです。 Apache や Nginx の WEB サーバー上で動かすことができます。 また ownCloud の設定はデータベースサーバーに保存されますが、デフォルトではデータベースサーバーとして SQLite を利用することになっています。 データベースサーバーは MySQL を利用するように変更することも可能です。 大規模な運用を考えている場合には MySQL を選択した方が良いでしょう。

次稿はインストール手順

 本稿では ownCloud の概要を紹介しました。 次稿では、ownCloud のインストール手順について解説していきます。 引続きインストール手順も把握して頂き、自分専用のオンラインクラウドサービスを実現してください。

ownCloud入門へ戻る

著者 : OSCA

OSCA

 初級WEBエンジニアです。最近は Android, iOS, WEBアプリの作成に力を入れています。 個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるアプリを作ろうと日々奮闘中です。