PHP7.2をWindowsにインストールする手順

投稿者 : OSCA

関東地方の美しい夜景を観にいこう。 夜景サイト「夜景散歩」で夜景スポットを検索

 本稿では、Windows マシンに PHP 7.2 をインストールする手順について解説します。

PHP 7.2 をインストールする前に

 PHP 7.2 をインストールする前に、PHP 7.2 を動作させるのに必要となるランタイム・ソフトウェアをインストールします。 PHPの公式サイトで配布している PHP のバイナリを動かすには、Visual C++ 2015 ランタイムが必要です。 マシンにインストールされていない場合には Microsoft のダウンロードセンター からダウンロードしてインストールしてください。

PHP 7.2 のダウンロード

 まずは PHP 7.2 のバイナリをダウンロードします。 PHP の公式サイトにアクセスし「Downloads」のリンクを辿ります。

PHP7.2をWindowsにインストールする手順

 ページの「Current Stable PHP 7.2.x」のセクションまでスクロールし、「Windows downloads」のリンクをクリックします。

PHP7.2をWindowsにインストールする手順

 Windows downloads の画面に遷移すると、PHP 7.2 においても4つのタイプのファイルがあることが分かります。

PHP7.2をWindowsにインストールする手順

 それぞれ、次のような基準で必要な物を選択すれば良いでしょう。

種類選択すべきシーン
VC15 x86 Non Thread Safe32bit版のWindowsを利用しており、WEBサーバーとして IIS を利用する場合。
VC15 x86 Thread Safe32bit版のWindowsを利用しており、WEBサーバーとして Apache を利用する場合。
VC15 x64 Non Thread Safe64bit版のWindowsを利用しており、WEBサーバーとして IIS を利用する場合。
VC15 x64 Thread Safe64bit版のWindowsを利用しており、WEBサーバーとして Apache を利用する場合。

 筆者は 64bit 版の Windows 10 で Apache を WEB サーバーとして利用するため、 VC14 x64 Thread Safe の Zip のリンクから zip ファイルをダウンロードしました。 (2018年01月現在、最新バージョンは 7.2.1 だったため、php-7.2.1-Win32-VC15-x64.zip というzipファイルをダウンロードしました)

PHP 7.2 の配置(インストール)

 ダウンロードした zip ファイルを展開し、展開したフォルダの名前を「php-7.2.1」に変更して、Cドライブの直下に移動します。 移動後の構成は次のようになります。

C:¥
 └ php-7.2.1
   ├ dev
   ├ ext
   ├ extras
   ├ lib
   ├ sasl2
   ├ deplister.exe
   ├ glib-2.dll
   (以下略)

 配置した php-7.2.1 フォルダの配下にある php.ini-production というファイルをフォルダ内でコピーして php.ini というファイル名にします。 php.ini は、PHP の設定を行うファイルです。 開発するアプリケーションの要件に応じて変更しますが、ここではデフォルトのままとしてます。

Windowsの環境変数の設定

 次にインストールした PHP にパスを通します。 (利用している Windows のバージョンによりますが)「設定」や「コントロールパネル」から「システム」の設定を開き、「環境変数」の設定を行います。

PHP7.2をWindowsにインストールする手順

 環境変数の「Path」に配置した PHP のフォルダを追加します。 「Path」を選択して「編集」をクリックして編集ダイアログを表示します。

PHP7.2をWindowsにインストールする手順

 すでに設定されているパスに ;c:¥php-7.2.1 を追加します。

PHP7.2をWindowsにインストールする手順

 追加後は、次のようにパスの末尾に php-7.2.1 が追加されます。

PHP7.2をWindowsにインストールする手順

 設定し終えたら「OK」をクリックして設定完了です。

動作確認

 ここまでの作業が終わったら、コマンドプロンプトを新しく開いて PHP のコマンドが利用できるようになったことを確認します。 つぎの例のように、コマンドプロンプトに php -v と入力して実行します。 php -v はインストールした PHP のバージョンを表示させる命令です。 次の図のように、インストールした PHP のバージョンが表示されればOKです。

PHP7.2をWindowsにインストールする手順

 無事に PHP のバージョンは表示されたでしょうか? これにて PHP のインストールは終了です。

次の設定

 PHPがインストールできたら、次はPHPの基本的な設定をしてみましょう。 次の記事を参考に高速化やセキュリティ設定をしてみてはいかがでしょうか。

PHP環境構築トップページへ戻る

著者 : OSCA

OSCA

Java, PHP 系のWEBエンジニア。 WEBエンジニア向けコミュニティ「WEBエンジニア勉強会」を主催。
個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるものを作ろうと日々奮闘中。
@engineer_osca