CentOS 7 に PHP 5.6 を yum でインストールする手順

 CentOS 7 の標準の yum リポジトリでは PHP 5.4 が提供されていますが、新しくサーバーを構築する際にはもっと新しいバージョンの PHP をインストールしたい場合があると思います。 本稿では CentOS 7 に PHP 5.6 を yum でインストールする手順について解説します。 なお、もっと新しい PHP をインストールする記事をお探しの場合は、別稿「CentOS7にPHP7.0をyumでインストールする手順」や「CentOS 7 に PHP 7.1 を yum でインストールする手順」を参考にしてください。

Remi を活用しよう

 上記の通り、CentOS 7 の標準リポジトリでは PHP 5.6 が提供されていません。 しかし、RedHat 系 Linux に PHP の最新版を提供することをミッションとする Remi というプロジェクトのリポジトリを利用すると、yum で最新の PHP をインストールすることができます。

Remi リポジトリの追加

 それではまず Remi の yum リポジトリを追加してみましょう。 (root権限を持つユーザでコマンドを実行してください) Remi で提供されているソフトウェアをインストールするためには EPEL のリポジトリも必須要件となっていますので、EPELのリポジトリの追加を行った後に Remi のリポジトリを追加します。

 まず EPEL リポジトリの追加ですが、EPEL のリポジトリ情報は CentOS 7 標準の yum リポジトリで提供されていますので、次の yum install コマンドでインストールすることができます。

# yum -y install epel-release

 EPEL のリポジトリ情報がインストールできましたので次に Remi のリポジトリ情報をインストールします。 EPEL のリポジトリ情報は yum でインストールしましたが Remi のリポジトリ情報はリポジトリ情報ファイルを直接ダウンロードします。 yum のリポジトリ情報を配置するためのディレクトリ /etc/yum.repos.d に repo ファイルをダウンロードします。

# cd /etc/yum.repos.d
# curl -O http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi.repo

ダウンロードが完了したら Remi リポジトリのインストールも完了です。

PHP 5.6 のインストール

 Remi リポジトリから PHP 5.6 をインストールする準備が整いました。 さっそく PHP 5.6 をインストールしてみましょう。
 ただし Remi リポジトリは yum コマンドで通常は検索の対象にならないように設定がされていますので、Remi リポジトリを利用する際には yum コマンドのオプションに –enablerepo オプションを付ける必要があります。 PHP 5.6 をインストールする場合は、 remi と remi-php56 を指定してあげます。

Apache httpd + PHP 5.6 の組合せでインストール

 PHP は WEB サーバー上で動作させることがほとんどですので、今回は Apache httpd と組合せて PHP 5.6 をインストールしてみたいと思います。 次のように httpd と php を yum コマンドに指定します。

# yum -y --enablerepo=remi,remi-php56 install httpd php php-common
...
==================================================================================================
 Package                 Arch            Version                      Repository           Size
==================================================================================================
Installing:
 httpd                   x86_64          2.4.6-31.el7.centos          base                2.7 M
 php                     x86_64          5.6.10-1.el7.remi            remi-php56          2.6 M
 php-common              x86_64          5.6.10-1.el7.remi            remi-php56          1.1 M
Installing for dependencies:
 httpd-tools             x86_64          2.4.6-31.el7.centos          base                 79 k
 mailcap                 noarch          2.1.41-2.el7                 base                 31 k
 php-cli                 x86_64          5.6.10-1.el7.remi            remi-php56          4.0 M
 php-pecl-jsonc          x86_64          1.3.7-1.el7.remi.5.6         remi-php56           52 k
 php-pecl-zip            x86_64          1.12.5-1.el7.remi.5.6        remi-php56           90 k

 インストールが完了したら、Apache httpd が再起動時に自動で起動するように設定します。

# systemctl enable httpd.service

 そして Apache httpd を起動します。

# systemctl start httpd.service

 PHP 5.6 が本当にインストールされたかを確認するため、インストールされている PHP の情報を表示する phpinfo 関数を実行する PHP ファイルを /var/www/html/info.php として作成します。

# vi /var/www/html/info.php
<?php
phpinfo();
?>

 それでは今作成した info.php にアクセスしてみましょう。 http://<あなたのサーバホスト名>/info.php にアクセスします。 すると次のように画面が表示され、PHP 5.6 がインストールされたことが確認できると思います。 (画面が表示されない場合は CentOS の Firewall 機能などによりアクセスが遮断されている可能性がありますので、Firewall の設定などを見なおしてください)

おわりに

本稿では CentOS 7 に PHP 5.6 をインストールする手順について解説しました。 最新の PHP を提供する Remi リポジトリ、是非覚えて活用してみてください。

PHP環境構築トップページへ戻る

著者 : OSCA

OSCA

 初級WEBエンジニアです。最近は Android, iOS, WEBアプリの作成に力を入れています。 個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるアプリを作ろうと日々奮闘中です。