CentOS/RedHat 6 に Tomcat 8 をインストールする手順

投稿者 : OSCA

本稿では CentOS/RedHat 6 に Tomcat 8 をインストールする手順について解説します。 本稿で解説する操作は全て root 権限で実施します。

CentOS 7 にインストールする手順をお探しの方は、別稿「Apache Tomcat 8 を CentOS 7 にインストールする手順」をご覧ください。

1. 事前準備

本稿ではファイルのダウンロードに wget コマンドを説明中で利用しますのであらかじめインストールしておきます。

# yum install wget

また Tomcat を動作させるためには Java がインストールされている必要があります。 別稿「CentOS/RedHat に yum で Java 7 をインストールする手順 (OpenJDK)」などを参考に、Java 7 をインストールしてください。

ここでは OpenJDK Runtime をインストールします。

# yum install java-1.7.0-openjdk

インストール

まずは Tomcat を実行する専用ユーザーを作成します。

# useradd -s /sbin/nologin tomcat

次に Tomcat 8 を入手します。 Tomcat は Apache Tomcat のダウンロードページ からダウンロードします。 本稿の執筆時現在では 8.0.5 が最新版であったため、tar.gz 形式の 8.0.5 をホームディレクトリにダウンロードしました。

# cd ~
# wget http://ftp.riken.jp/net/apache/tomcat/tomcat-8/v8.0.5/bin/apache-tomcat-8.0.5.tar.gz

ダウンロードした tar.gz を展開します。 展開先は /opt/apache-tomcat/apache-tomcat-8.0.5 とします。 また展開したファイルの所有者を、先ほど作成したユーザー tomcat にします。

# tar -xzvf ~/apache-tomcat-8.0.5.tar.gz
# mkdir /opt/apache-tomcat
# mv ~/apache-tomcat-8.0.5 /opt/apache-tomcat
# chown -R tomcat:tomcat /opt/apache-tomcat

ここまでで Tomcat の配置は完了。 あとは動作させるための設定を行っていきます。 環境変数 JRE_HOMECATALINA_HOME を設定してあげる必要があります。 /etc/profile で、それぞれの変数を定義します。 /etc/profile の最後に行を追加します。

JRE_HOME=/usr/java/default
CATALINA_HOME=/usr/local/tomcat
export JRE_HOME CATALINA_HOME

追記したら、一度ターミナルを落として再度ログインし直し環境変数を有効にします。

起動と停止

それでは Tomcat を起動してみよう。 つぎのコマンドで起動することができます。

# sudo -u tomcat /opt/apache-tomcat/apache-tomcat-8.0.5/bin/startup.sh

ブラウザを開いて、インストールしたコンピュータの 8080 ポートにアクセスしてみましょう、すると Tomcat の画面が表示できるはずです。 (例 : http://192.168.33.10:8080)
iptables や selinux など、ファイアウォールが有効になっているとアクセスできませんので注意してください。

Tomcat の停止は、つぎのコマンドです。

# sudo -u tomcat /opt/apache-tomcat/apache-tomcat-8.0.5/bin/shutdown.sh

おわりに

本稿では CentOS / RedHat に Tomcat をインストールする手順について解説しました。 次はインストール後に行いたいセキュリティ設定について解説しますので、是非御覧ください。

Apache Tomcat 環境構築へ戻る

著者 : OSCA

OSCA

 初級WEBエンジニアです。最近は Android, iOS, WEBアプリの作成に力を入れています。 個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるアプリを作ろうと日々奮闘中です。