Tomcat 7 のManagerアプリケーションにログインしてみよう

投稿者 : OSCA

 本稿では、Apache Tomcat 7 の Manager アプリケーションについて解説し、Manager アプリケーションにログインするための手順について解説します。

Manager アプリケーションとは?

 Apache Tomcat 7 をインストールした際に始めからデプロイされているアプリに「Managerアプリケーション」という WEB アプリケーションがあります。 Tomcat 7 をインストールした初期画面で、次の画像の赤いマークのところからアクセスすることができます。 (但し初期状態だとログインできません、これについては後で述べます)

Tomcat7トップページ

Manager アプリケーションには次のような機能が備わっています。

  • 新しい WEB アプリケーションの WAR ファイルを、指定したコンテキストパスでアップロードしてデプロイします。
  • サーバ上の任意のパスに配置した WEB アプリケーションをデプロイします。
  • デプロイ済みの WEB アプリケーションの状態やセッションを表示します。
  • デプロイ済みの WEB アプリケーションを再起動します。
  • デプロイ済みの WEB アプリケーションを削除します。

ログイン用ユーザを有効にする

 Manager アプリケーションは、上記のようにリンクを辿ってアクセスできますが、アクセスすると基本認証のダイアログが表れて、ユーザ名とパスワードを要求してきます。 このユーザ名とパスワードですが、Tomcat 7 のインストール時点では1つも登録されていません。 新しく登録してあげる必要があります。
 Manager アプリケーションのユーザ情報は、Tomcat 7 をインストールしたディレクトリの配下にある conf/tomcat-users.xml で設定します。 tomcat-users.xml をテキストエディタで開くと、一見たくさんの事が設定されているかのように見えますが、実はほとんどの行がコメント (<!– –>)で囲まれているのがわかります。 これからユーザを設定するタグは <tomcat-users> なのですが、この中は全てコメントです。

 <tomcat-users> の中に次のようなタグを追加します。 今回はユーザ名を「admin」、パスワードが「12345678」となるように設定してみます。 次のサンプルのように2行を追加してください。

<tomcat-users>
  <role rolename="manager-gui"/>
  <user username="admin" password="12345678" roles="manager-gui"/>
(略)
</tomcat-users>

 記述を追記したら、Tomcat を再起動します。 再起動が完了したら、再度トップページからアクセスし、上で設定した認証情報(ユーザ名とパスワード)を入力してみてください、すると今度はログインできたのではないでしょうか。

おわりに

 今回は Apache Tomcat 7 の Manager アプリケーションの概要を説明し、ログインするための手順について解説しました。

Apache Tomcat 環境構築へ戻る

著者 : OSCA

OSCA

 初級WEBエンジニアです。最近は Android, iOS, WEBアプリの作成に力を入れています。 個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるアプリを作ろうと日々奮闘中です。