macOS に Oracle Java 11 (JDK) をインストールする手順

投稿者 : OSCA

関東地方の美しい夜景を観にいこう。 夜景サイト「夜景散歩」で夜景スポットを検索

 本稿では、macOS に Oracle の Java 11 (JDK) をインストールする手順について解説します。 本稿の手順については macOS Mojave (10.14) にて動作を確認しています。

Oracle Java 11 (JDK) インストーラのダウンロード

 さっそく Oracle のホームページから JDK 11 をダウンロードしましょう。 Oracle の ダウンロードページ にアクセスし、利用規約に同意する(Accept License Agreement)ラジオボックスにチェックを入れて、 macOSjdk-11.0.x_osx-x64_bin.dmg のリンクをクリックします。 するとインストーラがダウンロードできます。

Oracleダウンロードページ

インストール

 ダウンロードした jdk-11.0.x_osx-x64_bin.dmg をダブルクリックして開くと次のようなウィンドウが開きます。 ウィンドウ中央の JDK 11.0.x.pkg と書いてあるアイコンをダブルクリックすると、インストーラが起動します。

Oracle JDK 11 インストーラー

 インストーラが起動したら説明を読んで「続ける」をクリックして次の画面に進みます。

Oracle JDK 11 インストーラー

 インストールに必要なハードディスクの空き容量が表示されますので、確認して「インストール」をクリックします、するとインストールが開始されます。

Oracle JDK 11 インストーラー

 次のような画面が表示されればインストール完了です。 「閉じる」ボタンをクリックしてウィンドウを閉じます。

Oracle JDK 11 インストーラー

 以上で Oracle JDK 11 のインストールは完了です。 インストールされたことを確認するために、「ターミナル」アプリを起動して、次のように java -version コマンドを実行してみましょう。 インストールされた Java のバージョンが表示されます。

iMac:~ osca$ java -version
java version "11.0.1" 2018-10-16 LTS
Java(TM) SE Runtime Environment 18.9 (build 11.0.1+13-LTS)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM 18.9 (build 11.0.1+13-LTS, mixed mode)

おわりに

 本稿では macOS に Oracle Java 11 (JDK) をインストールする手順について解説しました。 Java での開発のお役に立てれば幸いです。

Java環境構築へ戻る

著者 : OSCA

OSCA

Java, PHP 系のWEBエンジニア。 WEBエンジニア向けコミュニティ「WEBエンジニア勉強会」を主催。
個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるものを作ろうと日々奮闘中。
@engineer_osca