Oracle JDK 8 を Windows にインストールする手順

投稿者 : OSCA

 本稿では Windows マシンに Oracle Java SE Development Kit 8 (JDK 8) をインストールする方法について解説します。

Oracle JDK 8 インストーラのダウンロード

 さっそく Oracle のホームページから JDK 8 をダウンロードしましょう。 Oracle の ダウンロードページ にアクセスして、JDK の Download ボタンをクリックします。

画面キャプチャ

 次の画面では、利用規約に同意するラジオボックスにチェックを入れて、 Windows x64 の jdk-8uXX-windows-x64.exe のリンクをクリックすると、インストーラがダウンロードできます。 (32bit版の Windows をご利用の場合は、jdk-8uXX-windows-x32.exe を選択します)

画面キャプチャ

Oracle JDK 8 のインストール

 ダウンロードした jdk-8uXX-windows-x64.exe をダブルクリックして起動すると次のようなウィンドウが開きます。 ウィンドウ中央の JDK 8 Update XX.pkg と書いてあるアイコンをダブルクリックすると、インストーラが起動します。 「次へ」を選択して次の画面に進みます。

画面キャプチャ

 インストールするオプションの選択画面が表示されます。 特に変更する必要はありませんので、そのまま「次へ」をクリックします。

画面キャプチャ

 するとインストールが開始されますので、インストールの処理が終わるまでしばらく待ちます。

画面キャプチャ

 インストールの途中で下図のように JRE のインストールウィザードが起動する場合があります。 (既にインストールされている場合は表示されないかも知れません) その場合も特に設定を変更することはありませんので「次へ」を選択して次の画面に進みます。

画面キャプチャ

 JREのインストールが開始されます。

画面キャプチャ

 全てのインストールが完了すると下図のようにインストールの完了を表す画面が表示されます。 これで JDK のインストーラによるインストール作業は終了です。

画面キャプチャ

環境変数の設定

 Java で動作するアプリケーションには、Windows の環境変数を頼りに動作するアプリケーションもありますので、Java のインストールディレクトリを表す環境変数「JAVA_HOME」を Windows の環境変数として追加しておきます。

 「コントロールパネル」→「システム」→「システムの詳細設定」→「環境変数」とたどって、下図のように環境変数を設定します。 「ユーザー環境変数」の「変数」に「JAVA_HOME」がまだ無いことを確認したら「新規」ボタンをクリックして変数名に「JAVA_HOME」、値に先ほど JDK をインストールした Java のディレクトリを入力します。 下図のように「C:¥Program Files¥Java¥jdk1.8.0_60」などになると思います。 念のためエクスプローラで該当のフォルダを確認し、パスをコピーして貼り付けた方が安全でしょう。

画面キャプチャ

 以上で環境変数の設定も完了です。

おわりに

 これにて Windows への JDK 8 のインストールの手順の解説は終了です。 本稿について誤りや不明な点がございましたら @webarchlabo などにお知らせ頂ければ幸いです。

Java環境構築へ戻る

著者 : OSCA

OSCA

 初級WEBエンジニアです。最近は Android, iOS, WEBアプリの作成に力を入れています。 個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるアプリを作ろうと日々奮闘中です。