Phusion Passenger の概要とインストール手順

投稿者 : OSCA

初心者でも参加できる「WEBエンジニア勉強会 #13」(東京都,渋谷)、05月24日(金) に開催! 詳しくはイベント詳細ページをご覧ください。

 本稿では Ruby on Rails アプリケーションを動かすためのアプリケーションサーバー「Phusion Passenger」について、概要とインストール手順について解説します。

Phusion Passenger とは?

 Phusion Passenger は、Ruby on Rails アプリケーションを動かすためのアプリケーションサーバーです。 最近のバージョンでは Python や Node.js 製のアプリケーションを動かすこともできます。

動作モード

 Phusion Passenger では、 Ruby on Rails アプリケーションを動かすために3つの動作モードが用意されています。 「Standalone」「Apache」「Nginx」です。「Standalone」モードは Phusion Passenger 単体で Ruby on Rails アプリケーションを動作させるモード、「Apache」「Nginx」モードは Apache httpd, nginx を利用して連携動作させるためのモードです。

動作モード説明
Standalone単体で Ruby on Rails アプリケーションを動作させるモード
ApacheApache httpd と連携させて動作させるためのモジュールを提供
NginxNginx と連携させて動作させるためのモジュールを提供

Phusion Passenger のインストール

 Phusion Passenger のインストールは、gem でインストールすることができます。 まずは念のため Phusion Passenger がインストールされていない事を確認します。

# gem list passenger
*** LOCAL GEMS ***

「LOCAL GEMS」の表記の後に何も表示されなければインストールされていないのでOKです。 ではインストールです、次のように gem install コマンドで passenger を指定することでインストールできます。

# gem install passenger

 以上でインストールは完了です。 もう一度、前述のコマンドでインストールされた事を確認しましょう。 2019年05月現在、バージョン 6.0.2 が最新だったため、6.0.2 がインストールされたことが確認できます。

# gem list passenger
*** LOCAL GEMS ***
passenger (6.0.2)

おわりに

本稿では Phusion Passenger のインストール方法について解説しました。 次のエントリーでは、Phusion Passenger と Apache の連携について解説します。

参考

Phusion Passenger 公式サイト
https://www.phusionpassenger.com/

Ruby環境構築入門へ戻る

更新履歴

  • 2013年12月20日 – 初版を投稿しました。
  • 2014年08月01日 – 記事を校正し直し、記事を最新化しました。
  • 2015年12月12日 – 記事を校正し直し、記事を最新化しました。
  • 2019年05月01日 – 記事を校正し直し、記事を最新化しました。

著者 : OSCA

OSCA

Java, PHP 系のWEBエンジニア。 WEBエンジニア向けコミュニティ「WEBエンジニア勉強会」を主催。
個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるものを作ろうと日々奮闘中。
@engineer_osca