Redis を macOS にインストールする手順 (Homebrew)

投稿者 : OSCA

関東地方の美しい夜景を観にいこう。 夜景サイト「夜景散歩」で夜景スポットを検索

概要

 本稿では Key-Value 型データベース「Redis」を macOS にインストールする手順について解説します。 インストールには、macOS でソフトウェアを管理するために便利な Homebrew を利用します。 Homebrew の導入について解説が必要な場合は、別稿「Mac の開発を便利にするパッケージ管理ソフト Homebrew のインストール手順」をご覧ください。

インストール

 まずは brew search コマンドで Redis を検索してみましょう。 次のように検索することができます。

$ brew search redis
==> Searching local taps...
hiredis             redis               redis-leveldb       redis@2.6           redis@2.8          redis@3.2

 検索結果のうち redis が最新版です。 redis@2.4, redis@2.8, redis@3.2 は、@マーク右側の数字が示すバージョンの redis です。

 ここでは最新版の redis をインストールしますが、これからインストールするもののバージョン情報などは brew info コマンドであらかじめ調べることができます。 (2018年01月現在は、次の例のように 4.0.6 と表示されました)

$ brew info redis
redis: stable 4.0.6 (bottled), HEAD
Persistent key-value database, with built-in net interface
https://redis.io/
Not installed
From: https://github.com/Homebrew/homebrew-core/blob/master/Formula/redis.rb
==> Options
--with-jemalloc
    Select jemalloc as memory allocator when building Redis
--HEAD
    Install HEAD version
==> Caveats
To have launchd start redis now and restart at login:
  brew services start redis
Or, if you don't want/need a background service you can just run:
  redis-server /usr/local/etc/redis.conf

 インストールする Redis のバージョンが確認できたら、brew install コマンドでインストールします。

$ brew install redis
(略)
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/redis-4.0.6.high_sierra.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring redis-4.0.6.high_sierra.bottle.tar.gz
==> Caveats
To have launchd start redis now and restart at login:
  brew services start redis
Or, if you don't want/need a background service you can just run:
  redis-server /usr/local/etc/redis.conf
==> Summary
🍺 /usr/local/Cellar/redis/4.0.6: 13 files, 2.8MB

 これで Redis のインストールは完了です。 インストールされたソフトウェアの中で、重要なのは次の2つの機能です。

機能説明
redis-serverRedis Server。 データの保管を主な役割とするサーバーソフトウェアです。
redis-cliRedis Client。 Redis Server に接続してデータの操作を行うためのクライアントソフトウェアです。

 念のためそれぞれについてコマンドを叩いてバージョンを表示し、インストールされたことを確認しましょう。

$ redis-cli --version
redis-cli 4.0.6
$ redis-server --version
Redis server v=4.0.6 sha=00000000:0 malloc=libc bits=64 build=d6b67a1e63a47794

Redis サーバーの起動

 それでは Redis の起動と停止をしてみましょう。 起動方法については、先ほど brew install した際の結果に出力されていますが、2つの方法が示されています。

バックグラウンドサービスとして起動したい場合 (自動起動を有効にする)

 macOS にログインした場合や再起動した場合に、バックグラウンドのサービスとして launchd で起動したい場合は、brew services start redis コマンドを実行します。 次のように結果が表示されれば、macOS を再起動しても redis が自動的に起動します。

$ brew services start redis
==> Successfully started `redis` (label: homebrew.mxcl.redis)

 なお、設定した自動起動を解除したい場合は brew services stop redis で行えます。

$ brew services stop redis
Stopping `redis`... (might take a while)
==> Successfully stopped `redis` (label: homebrew.mxcl.redis)

 またバックグラウンドサービスの再起動を行いたい場合は brew services restart redis です。

$ brew services restart redis
Stopping `redis`... (might take a while)
==> Successfully stopped `redis` (label: homebrew.mxcl.redis)
==> Successfully started `redis` (label: homebrew.mxcl.redis)

単発で起動する場合

 Redis をバックグランドサービスとしない場合は、redis-server /usr/local/etc/redis.conf コマンドで起動します。

$ redis-server /usr/local/etc/redis.conf

Redis サーバーの停止

 Redis サーバーを停止するには、Redis クライアントで接続して停止します。

$ redis-cli shutdown

 もしくは Redis サーバーにログイン済みの場合は、shutdown と入力すると停止できます。 (今 Redis を始めたばかりの人は「ログイン?」という状態でしょうから、上のコマンドで停止しましょう。)

127.0.0.1:6379> shutdown

インストールされたファイル

 最後にインストールされた Redis のファイルの位置を確認しましょう。

ファイル説明
/usr/local/etc/redis.confRedis の動作を設定する設定ファイル
/usr/local/bin/redis-cliRedis クライアントへのショートカット
/usr/local/bin/redis-serverRedis サーバーへのショートカット
/usr/local/Cellar/redisインストールした Redis の実体はこちらのディレクトリにインストールされている

おわりに

 本稿では Key-Value 型データベース「Redis」を macOS に Homebrew を用いてインストールする手順について解説しました。

Redisの記事一覧へ戻る

著者 : OSCA

OSCA

Java, PHP 系のWEBエンジニア。 WEBエンジニア向けコミュニティ「WEBエンジニア勉強会」を主催。
個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるものを作ろうと日々奮闘中。
@engineer_osca