Redis を Ubuntu 16.04 LTS にインストールする手順

投稿者 : OSCA

 本稿では、データ構造サーバー Redis を Ubuntu 16.04 LTS に apt を用いてインストールする手順について解説します。

Redis Server を検索する

 Redis は Ubuntu 16.04 の公式リポジトリで提供されているため、その Redis を利用するのが良いでしょう。 apt detail コマンドで提供されている redis-server の詳細情報を表示すると次のようになりました。

$ sudo apt show redis-server
Package: redis-server
Version: 2:3.0.6-1
Priority: optional
Section: universe/misc
Source: redis
Origin: Ubuntu
Maintainer: Ubuntu Developers <ubuntu-devel-discuss@lists.ubuntu.com>
Original-Maintainer: Chris Lamb <lamby@debian.org>
Bugs: https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+filebug
Installed-Size: 918 kB
Depends: adduser, redis-tools (= 2:3.0.6-1), init-system-helpers (>= 1.18~), libc6 (>= 2.14), libjemalloc1 (>= 2.1.1)
Homepage: http://redis.io/
Download-Size: 343 kB
APT-Sources: http://archive.ubuntu.com/ubuntu xenial/universe amd64 Packages
Description: Persistent key-value database with network interface
Redis is a key-value database in a similar vein to memcache but the dataset
is non-volatile. Redis additionally provides native support for atomically
manipulating and querying data structures such as lists and sets.
.
The dataset is stored entirely in memory and periodically flushed to disk.

 ただし Ubuntu の公式リポジトリで提供されている Redis は、上記の通りバージョン3.0.6とやや古いため、何かしらの理由で新しいバージョンの Redis を利用したい場合は、Personal Package Archive(PPA)リポジトリの情報を Ubuntu に追加し、PPAリポジトリの Redis を利用するのも手段の一つです。 その場合は次のようにリポジトリを追加し、その後に redis-server を検索してみましょう。

$ sudo add-apt-repository ppa:chris-lea/redis-server
$ sudo apt update
$ sudo apt show redis-server
Package: redis-server
Version: 4:4.0.6-1chl1~xenial1
Priority: optional
Section: database
Source: redis
Maintainer: Chris Lamb <lamby@debian.org>
Installed-Size: 153 kB
Depends: adduser, lsb-base (>= 3.2-14), redis-tools (= 4:4.0.6-1chl1~xenial1), init-system-helpers (>= 1.18~)
Download-Size: 82.7 kB
APT-Sources: http://ppa.launchpad.net/chris-lea/redis-server/ubuntu xenial/main amd64 Packages
Description: Persistent key-value database with network interface
Redis is a key-value database in a similar vein to memcache but the dataset
is non-volatile. Redis additionally provides native support for atomically
manipulating and querying data structures such as lists and sets.
.
The dataset is stored entirely in memory and periodically flushed to disk.

N: There is 1 additional record. Please use the '-a' switch to see it

 このように PPA リポジトリを利用した場合は、2018年1月現在ではバージョン4.4の Redis を利用できることが分かりました。

Redisサーバーのインストール

 利用できる Redis サーバーの詳細情報が確認できたらインストールです。 apt install コマンドで redis-server を指定してインストールします。

$ sudo apt install redis-server

 これで Redis のインストールは完了です。 インストールされたソフトウェアの中で、重要なのは次の2つの機能です。

機能説明
redis-serverRedis Server。 データの保管を主な役割とするサーバーソフトウェアです。
redis-cliRedis Client。 Redis Server に接続してデータの操作を行うためのクライアントソフトウェアです。

 念のためそれぞれについてコマンドを叩いてバージョンを表示し、インストールされたことを確認しましょう。

$ redis-cli --version
redis-cli 3.0.6
$ redis-server --version
Redis server v=3.0.6 sha=00000000:0 malloc=jemalloc-3.6.0 bits=64 build=687a2a319020fa42

Redisサーバーの起動と停止

 Redis のインストールが完了したら、Redisサーバーを起動してみましょう。 systemctl start コマンドで redis-server を指定して実行します。

$ sudo systemctl start redis-server

 また、停止をしたい場合は systemctl stop コマンドを利用します。

$ sudo systemctl stop redis-server

 さらに、コンピュータを起動・再起動した際に自動的に Redisサーバーがバックグランドで起動するように設定するには、systemctl enable で設定を行います。

$ sudo systemctl enable redis-server
Synchronizing state of redis-server.service with SysV init with /lib/systemd/systemd-sysv-install...
Executing /lib/systemd/systemd-sysv-install enable redis-server

インストールされたファイル

 最後にインストールされた Redis のファイルの位置を確認しましょう。

ファイル説明
/etc/redisRedisの設定ファイルが格納されているディレクトリ
/etc/redis/redis.confRedis の動作を設定するメインとなる設定ファイル
/usr/bin/redis-cliRedisクライアント
/usr/bin/redis-serverRedis サーバー

おわりに

 本稿では Key-Value 型データベース「Redis」を Ubuntu 16.04 LTS に apt を用いてインストールする手順について解説しました。

Redisの記事一覧へ戻る

著者 : OSCA

OSCA

 初級WEBエンジニアです。最近は Android, iOS, WEBアプリの作成に力を入れています。 個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるアプリを作ろうと日々奮闘中です。
@engineer_osca