WordPress管理画面にGoogleアカウントでログインをできるようにする方法

投稿者 : OSCA

[PR] 関東地方の美しい夜景を観にいこう。 夜景サイト「夜景散歩」で夜景スポットを検索

背景

 社員やメンバーの管理に Google Workspace を導入している企業やチームは多いのではないでしょうか? Google のカレンダーやGmail, ドライブや Spreadsheet など、仕事に必要な基本的なツールが一通り揃っており便利です。 そんな Google Workspace のアカウントを他のサービスのログイン認証に利用すれば、サービスごとにアカウントを作る必要がなく、メンバーが退職した時にも Google Workspace 側でアカウントを停止すれば良いので、様々なサービスのアカウントをGoogle認証で統一できると大変便利です。

 そんな Google Workspace のアカウントを WordPress の管理画面へのログインに利用できたら便利だと思いませんか? 本稿では、WordPress プラグイン「Google Apps Login」を利用し、WordPress の管理画面に Google Workspace にログインできるようにする方法について解説します。

Googleアカウントでログインできるようにするプラグイン

筆者はできるだけ WordPress にプラグインを導入せず、できる限り WordPress をクリーンに保ちたいタイプなのですが、さすがにこのような機能を自分でプログラムするのは手間なので、今回はWordPressプラグインに頼ります。 プラグインを検索してみると「Google Apps Login」というプラグインがみつかり、このプラグインが便利そうです。

Google Apps Login のインストール

 それでは Google Apps Login のインストール手順を解説します。 WordPress の管理画面のプラグインの画面を開き、「新規追加」ボタンからプラグインの検索画面を開きます。

 検索ボックスに「Google Apps Login」と入力してプラグインを検索します。 次の画像のように Google Apps Login が表示されたら、「今すぐインストール」ボタンをクリックしてプラグインをインストールします。

 インストールが完了すると、プラグインの一覧に「Google Apps Login」が追加されますので、プラグインを「有効化」してください。

 プラグインの有効化が完了すると、メニューの「設定」に「Google Apps Login」が追加されます。 この設定画面で「ClientID」と「Client Secret」を設定するのですが、それらのIDは次節の方法で取得する必要があるので、一旦WordPress管理画面での設定は一段落です。

Client ID / Client Secret の取得

 Googleアカウントでの認証を利用するためには、「Client ID」「Client Secret」の2つを発行する必要があり、発行するには Google Cloud Platform のサイトから発行する必要があります。

 Google Cloud Platform にログインしたら、Client ID や Client Secret を発行するプロジェクトを選択します。 はじめて Google Cloud Platform を利用する場合は、最初から用意されている「My First Project」を選択するか、新しいプロジェクトを作成します。

 続いてメニューから「認証情報」ページを開きます。

 「+認証情報を作成」から「OAuthクライアントID」を選択します。

 「アプリケーションの種類」として「ウェブアプリケーション」を選択し、「名前」はこの Google Cloud Platform の画面内でわかりやすく認識できる名前をつけます。 また「承認済みのリダイレクトURI」にあなたの WordPress のログイン画面(/wp-login.php)のURLを入力します。 そして「作成」ボタンをクリックします。

 すると、「クライアントID」と「クライアント シークレット」が発行されて画面に表示されます。 すぐにこれらのIDをメモしましょう。 このとき、ウィンドウを閉じてしまうと二度とIDを確認できなくなってしまいます。 (もしメモを忘れた場合は、同様の手順で新しい「OAuth2.0 クライアントID」を再度作成してください)

発行した Client ID / Client Secret の設定

 Google Cloud Platform での「クライアントID」と「クライアントシークレット」の発行が終わったら、WordPress管理画面の「Google Apps Login」の設定画面に戻り、それぞれを設定します。

 それでは一度ログアウトして、再度WordPressのログイン画面にアクセスしてみてください。 すると次のようにGoogleアカウントでのログインができるようになっているはずです。

 なお、Googleアカウントでログインするためには、あらかじめWordPressにGoogleアカウントと同じメールアドレスでユーザーを追加してある必要がありますので、必要なユーザーの分だけユーザーを追加しておきましょう。

ログイン画面をスキップさせる

ここまでの操作では、ログイン画面で「ユーザー名」と「パスワード」でのログインができるログイン画面が表示されます。 Googleアカウントだけでのログインに限定したい場合は、「Google Apps Login」の設定画面の「Advanced Options」で「ログインページからGoogleに自動的にリダイレクトする」にチェックを入れます。 するとログイン画面から自動的にリダイレクトしてGoogle認証画面を表示してくれます。

おわりに

 本稿では、WordPressにGoogleアカウントでログインするため「Google Apps Login」を導入して、その設定をする方法について解説しました。 皆様のお仕事のお役に立てれば幸いです。

著者 : OSCA

OSCA

Java, PHP 系のWEBエンジニア。 WEBエンジニア向けコミュニティ「WEBエンジニア勉強会」を主催。
個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるものを作ろうと日々奮闘中。
@engineer_osca