R言語をCentOS 7にインストールする手順 (yum)

投稿者 : OSCA

 本稿ではR言語を CentOS 7 に yum でインストールする手順について解説します。

EPELをインストールする

 R言語はエンタープライズ Linux 用の拡張パッケージ(EPEL)リポジトリで提供されているので、まずは EPEL を追加します。 次のように yum install コマンドで epel-release をインストールします。

# yum -y install epel-release

R言語をインストールする

 yum でインストールできるR言語の情報を表示してみます。 次のように yum info コマンドでパッケージ名 R を指定します。

# yum info R
Available Packages
Name        : R
Arch        : x86_64
Version     : 3.3.3
Release     : 1.el7
Size        : 27 k
Repo        : epel/x86_64
Summary     : A language for data analysis and graphics
URL         : http://www.r-project.org
License     : GPLv2+
(略)

 上の例では、R言語のバージョン 3.3.3 が利用できることがわかりました。 このまま yum install コマンドでインストールします。

# yum -y install R

 操作が完了したら、次のようにR言語のコマンド R でインストールされたバージョンを表示して、本当にインストールされたかを確認しましょう。

# R
R version 3.3.3 (2017-03-06) -- "Another Canoe"
Copyright (C) 2017 The R Foundation for Statistical Computing
Platform: x86_64-redhat-linux-gnu (64-bit)

 上の例のようにインストールされたバージョンや著作権情報が表示されればインストールされたことの確認も完了です。

おわりに

 本稿ではR言語を CentOS 7 にインストールする手順について解説しました。 R言語の導入にお役立てください。

著者 : OSCA

OSCA

 初級WEBエンジニアです。最近は Android, iOS, WEBアプリの作成に力を入れています。 個人として何か一つでも世の中の多くの人に使ってもらえるアプリを作ろうと日々奮闘中です。